鉄分含有貧血予防!妊娠中は母子ともに栄養のある血液が必要

 

 

妊娠中の貧血には気をつけてくださいって言われることありますよね。
でも、実際、自分が今まで貧血になったことがないと、よくわからないから何もしていないってこともあると思います。

 

鉄分が不足してしまうと、妊婦さんにどのような影響がでてしまうのでしょうか。

 

 

「妊娠貧血」って知ってますか?

鉄分が不足する鉄欠乏性貧血は、妊娠中におこると「妊娠貧血」といわれ、赤ちゃんにも影響するので、避けなければいけません。

 

体内に酸素を運んでくれているのが、血液内の「ヘモグロビン」です。 このヘモグロビンが減ってしまうと、酸素が体に行き渡らなくなりますよね。酸素が不足するので、体がだるかったり疲れやすかったり、また、心臓にも負担がかかります。

 

では、妊娠中に鉄分が不足してしまうと、赤ちゃん(胎児)に酸素が届きにくくなり未熟児などになってしまうことがあります。
赤ちゃんに血液を送るために、血液の量は増えますが酸素を運んでくれるヘモグロビンは増えません。そのため、できる限り鉄分を摂取する必要があります

 

重度のとてもひどい貧血になると赤ちゃんに影響があることもあるのですが、さらに母体自体にも影響があります。
陣痛が起こりにくかったりと難産になりこともあるんだそうです。難産は赤ちゃんにも負担ですから、できるだけ避けたいですよね。

 

日ごろから鉄分を摂取しよう

 

毎日の食事で鉄分を摂取するのがもちろん良いですが、妊娠中はつわりだったり体が重かったりで、ご飯を作るのもしんどいときがありますよね
そこで、手軽に取り入れやすいのが「たんぽぽ茶」です

 

ちなみに、食べ物から鉄分を取り入れる時は、
・レバー
・ひじき
・納豆
などがいいそうです。
納豆は手軽にたべられるので、嫌いでなければ積極的にとるといいですね。
ただ、タレは塩分が強いこともあるので、少なめにするなど調節が必要だと思います。

 

たんぽぽ茶で、鉄分を摂取すると良いと書きましたが、そしたらお茶ならなんでもいいのか?って思うかもしれません。
それは違います。
タンニンを含むお茶は鉄分の吸収を弱めてしまいます。
つまり、日常的に食事の際に飲む緑茶や、食後のコーヒーや紅茶二は、タンニンが含まれているので要注意になってしまいます。
とはいっても、その前に、妊娠中は、カフェインを気にしているでしょうから、緑茶、コーヒー、紅茶などは控えていたり、止めているかもしれませんね。

 

たんぽぽ茶はノンカフェインで鉄分が豊富なため貧血予防に

たんぽぽ茶は、鉄分が含まれています。
その為、妊娠中に飲むのをオススメします。でも、カフェインはどうなの?って思うでしょうが、ノンカフェインなので、心配せずに、たくさん飲んでも問題ありません。

 

妊娠中からたんぽぽ茶を飲んでおくとさらに産後にいいこともあります。たんぽぽ茶は、母乳不足の人が飲むと、母乳が出やすくなったといわれているので、産後に母乳不足で母乳育児ができないと悩まなくてすむかもしれませんよ

 

 

 

私はまったく、貧血の兆候がなかったのですが、やはり周りでは、貧血がひどく、産婦人科で貧血の薬を処方されていたという人もいました。 
薬を飲むのは躊躇するかもしれませんが、母子ともに大切な事ですから、飲む必要があります。 

 

友達は、食事や運動など気をつけて妊婦生活をしていましたが、あるとき貧血になっているとのことでした。
分娩時も出血が多かったようです。
妊婦さんって病気ではないけれど命にかかわることもたくさんありますから、できるだけ自分自身でのケアも必要になってきます。 
たんぽぽ茶であれば、普段の水分補給として取り入れることができるので手軽ですし、妊娠中も負担になりませんよ。

妊娠中に関連するこちらの記事と体験談もどうぞ

妊娠中はむくみがひどい!利尿作用のあるたんぽぽ茶で腎臓機能も活発
母乳が出ない!母乳が出るにはどうすればいいの?

 

たんぽぽ茶おすすめランキング

たんぽぽ茶の効果