子宮内膜症と診断されたけどこれ以上悪化しないための対処法

 

子宮内膜症って、今では10人に1人が患う病気だといわれています。
昔って、子宮内膜症は、気にする必要がないレベルだったのが、今は、治療しておかないとどんどん悪化してしまうのです。
でも、完治することって難しいようなので、悪化しないようにする対処法をお話したいと思います

 

子宮内膜症ってどういう病気?

 

生理が毎月おこるのも、子宮内膜があるからです。妊娠しなければ、子宮内膜が必要ありませんから、生理として、体外に排出されるようにはがれおちます。 そして、また、子宮内膜が作られて、赤ちゃんがくるかどうかを待っているのです。その繰り返しをしています。

 

しかし、子宮内に存在する子宮内膜が、違うところに出てきてしまうのです。その場所で子宮内膜の増殖や剥離を繰り返すことになるので、生理痛が起こったり腹痛がでてきたりするんです。

 

ということは、つまり、生理が来なければ、痛みも少ないということです。
これでわかったと思いますが、昔の人は、たくさんの出産経験がありますので、生理が起こる回数も少ないのです。

 

妊娠すれば、生理がこないですし、出産・授乳でさらに生理がこないですよね。つまり1年以上は最低でも生理がお休みされるということです。

 

生理がくると子宮内膜症が悪化する

 

子宮内膜症ってそもそも、原因がはっきりしないそうです。 血流が悪いことからくるともいわれているので、体を冷やすのはよくないとされています。 子宮以外で子宮内膜ができると、生理となって排出されなければならない血液が体内に残ったままになります。古い血が体内に残り身体に負担になってしまいます。

 

先ほども書いたように、昔の人は出産回数が多かったために、悪化する事が少なかったのですが、現代では、出産回数が少ないかまた、出産未経験ということもありますから、生理がくると子宮内膜症が悪化してしまいます。昔の人との生理の回数は、10倍程度違うともいわれているそうです。

 

 

子宮内膜症を悪化させないために

 

生理が来ないことが悪化させない対処法としての一つです。そのため、ある程度、治療が落ち着いているときに、妊娠をし、子宮を休ませるということもあるようです。

 

では日常生活でどのように悪化させない対処法があるのでしょうか。

 

食べ物で悪化するといわれているもの
小麦粉を使った製品は、腸に小麦粉がひっついてしまい、腸の動きを弱めてしまうことでホルモンの分泌にも影響してきます。また、腸付近で子宮内膜症が起きている場合には悪化してしまうおそれもあります。
肉類や白砂糖などは、体が酸性に傾いてしまうため、血液がドロドロになったり疲れやすくなったりもします。

 

このように、少しずつ、食べ物にも気をつけておくといいと思います。適度な量ってありますから、過度に摂取してしまうと、体にも負担になります。
かといって、絶対に食べない!と決めつけるのも、ストレスになりますから、たまに少し食べるなど調節するといいでしょう。

 

悪化させないために、何を取り入れると良いのでしょうか?

子宮内膜症の原因ってよくわかっていませんが、血流が悪いからというのがひとつあるようです。となると、血行をよくする物を取り入れておくといいということがわかりますよね。

 

そこで、手軽にとれるのがお茶です。 お茶といっても、必要な栄養成分が入っていないといけません。 オススメは、たんぽぽ茶です。 たんぽぽ茶は、血行をよくしてくれますし、さらに鉄分も含まれていますので、生理の量が多いなどで貧血気味の人にも利用してもらいたいです。
栄養のあるいい血液を作りだすためにも、たんぽぽ茶はのんでみるといいと思います

 

 

子宮内膜症そ診断されてどうすればいいの?って思ってしまうでしょう。
完治は少ないとも言われていますから、薬で炎症を抑えたり、妊娠希望でない場合は、ピルで生理をコントロールするなどするようです。 
薬を使いながら自分自身の生活で楽に取り入れられるたんぽぽ茶は、試してほしいです。たんぽぽ茶は、ノンカフェインでノンカロリーですので、体への負担はありません。
たんぽぽ茶の味がまずかったらどうしようという意見もありますので、まずはお試しでたんぽぽ茶の味をチェックしてみてくださいね

子宮内膜症に関連するこちらの記事と体験談もどうぞ

少量の不正出血の原因はストレス!ホルモンバランスを整えリラックスしてみては?
希少糖で乱れた生活習慣から健康を手に入れよう!ショウキT-1がおすすめ

 

たんぽぽ茶おすすめランキング

たんぽぽ茶の効果