たんぽぽ茶は煮出すと安くて経済的!1日何杯まで飲んでいいの?

 

 

たんぽぽ茶って、ティーバックで販売されていることが多いですよね。
それは、とても手軽に紅茶のように飲めるからそのように作られています。 

 

カップにティーバックを入れてお湯を注ぐだけで、たんぽぽ茶が出来上がりますからね。 
産後、母乳の量を増やすために飲んでいるママだと、赤ちゃんの授乳などのお世話で大変ですよね
でも、何度もティーバックを使うのももったいないと思いませんか?

 

たんぽぽ茶ティーバックは手軽だか煮出すのもおいしい

たんぽぽ茶のティーバックは手軽に使えますが、1回だけでなく、まだ使えそうって思いませんか?

 

私は、時間がないときは、ティーバックを2回くらい使ったりしました。 全く問題なく色もきちんとでてますからね。 
また、ポット用のティーバックだと500ml程度のお湯を急須やポットにいれますよね。

 

でも、私はできるだけたんぽぽ茶を煮出すようにしました。 

たんぽぽ茶を煮出す方法

ティーバックをやかんや片手なべにいれて、カップやポットに使う水の2〜3倍程度の量をいれます。お湯が沸騰する直前で火を弱めて、5〜10分程度煮出します。 

 

こうすると、水の量が多くてもしっかりと色がでますし味も同じようになります。

 

一度、朝にたくさん作っておけば、その日は、ガブガブ水分補給や食事の時などに飲めますよね。
寒い冬以外は、常温で飲むほうが飲みやすいと思いますから、この煮出す方法はオススメです。
そして、1つのティーバックでたくさん飲めるので、安上がりで経済的です。 

 

たんぽぽ茶を1日に飲む量ってあるの?

 

たっぷりと作れる煮出す方法をご紹介しましたが、たくさん作っても、1日1杯までっていわれていれば、たくさん作っても意味がありません。 
カップやポットにティーバックをいれてお湯をそそぐ作り方で十分だと思います。

 

たんぽぽ茶は、何杯飲んでも問題ありません。 
そのために、たくさん飲めるように煮出す方法をご紹介しました。
好きな時に、たんぽぽ茶を常飲すればいいですよ。 
ノンカフェインでノンカロリーですから、体にも影響はありません。たんぽぽ茶には、鉄分、カルシウム、ミネラルが豊富ですから、むしろたんぽぽ茶を飲むべきといいたいですね

 

 

私は、妊娠中からたんぽぽ茶を飲んでいますが、体が重くて動くのがしんどい時があったり、授乳のときは、片手で家事をすることも多いです。
そのため、たんぽぽ茶を手が空いているときに、たっぷりと煮出して作っておきました。 
ティーブレイクとしてティーバックにお湯を注いでお菓子と一緒に食べるのも、気分転換にいいですけどね。 

 

なんでも時短しないと、子育てはできませんからね。
その中で、体に必要なものをしっかりと取り入れることで、赤ちゃんにも母乳から栄養を与えることができるのです。

 

愛情もたっぷり注げますよ。
子供がたんぽぽ茶を飲むようになるとさらに、たんぽぽ茶をたっぷりと作り置きしておかないと追いつきません。

 

我が家では、子供のコップやポットにたんぽぽ茶をいれておくと、好きな時に飲んでいます。

たんぽぽ茶に関連するこちらの記事と体験談もどうぞ

たんぽぽ茶の味はまずい・苦い?カロリーや飲みすぎも気になる
たんぽぽ茶の成分が知りたい!栄養と効果がたくさんあって絶対飲むべき

 

たんぽぽ茶おすすめランキング

たんぽぽ茶の効果