ノンカフェインのチコリコーヒーって副作用あるの?

 

 

たんぽぽコーヒーとよく並んで販売されているのが、チコリコーヒーです。たんぽぽコーヒーと言う名前だけど、チコリとのブレンドだったりすることもあります。
チコリコーヒーは、コーヒーに似ているので、カフェインを気にするときは、飲んでみるのもオススメです。
しかし、妊娠中などで、副作用が出ることがまれにあるといわれていますので、注意が必要です。

 

チコリコーヒーの副作用って?

 

チコリコーヒーは、ヨーロッパで広く飲まれている飲み物の一つです。たんぽぽ茶は、漢方の一種ですから、中国などアジアで利用されることが多いですね。

 

チコリコーヒーの副作用ですが「流産」を引き起こす可能性があるといわれています。
子宮が収縮ししやすくなったり、解毒作用が高いためといわれていますので、特に妊娠初期は控えたほうがいいでしょう。
もちろん、チコリコーヒーを毎日飲んでも、流産していない人もいるので、あくまで可能性という点ではあります。
しかし、万が一のことを考えて、妊娠中は、避けるようにすると良いでしょう。 

 

チコリコーヒーの代わりにたんぽぽ茶を飲むのもいいですよ。

 

さらに、たんぽぽもそうですが、チコリも、キク科の植物ですから、キク科にアレルギーがある人は、飲むのをやめておきましょう。

 

チコリコーヒーの効果・効能ってなに?

デトックス効果があるので、ダイエットや便秘に利用されることが多いようです。

 

イヌリンという成分が、血糖値の上昇を抑制したり、便の排泄をしやすくしたりしてくれます。
そのため、産後にチコリコーヒーを飲むのはいいでしょうね。

 

ただ、子供にも作用は強い場合があるので、子供に飲ませるのは避けたほうがいいでしょう。子供と一緒に飲むならたんぽぽ茶ですね。

 

 

チコリコーヒーは、うまく利用すれば、とても良い効果・効能があります。
私も、あるショップでたんぽぽコーヒーを買う時に、チコリコーヒーを見つけたことがあります。

 

また、たんぽぽの根とチコリの根をブレンドしたものも販売されていました。
その時は、チコリコーヒーの効果・効能を知らなかったので、たんぽぽコーヒー100%のものを買うことにしました。 

 

実際に知らずに、店員に勧められていれば、チコリコーヒーを買っていたかもしれません。
妊娠中ではなかったので問題はないですが、万が一のこともあるので、妊娠中はいろいろと気を配る必要がありますよね

ノンカフェインに関連するこちらの記事と体験談もどうぞ

希少糖で乱れた生活習慣から健康を手に入れよう!ショウキT-1がおすすめ
たんぽぽ茶の成分が知りたい!栄養と効果がたくさんあって絶対飲むべき

 

たんぽぽ茶おすすめランキング

たんぽぽ茶の効果