母乳育児したい!母乳で授乳できないとダメママなの?

 

母乳育児をするのが当たり前!と実母や義母から言われて、粉ミルクなんて使ってはいけない!と。

 

もちろん、ママだって母乳育児をしたいんです。
でも、母乳が出ないのだからどうすることもできないですよね。 
これって、体質もあると思います。
胸が大きいから小さいからという問題ではありません。 
胸の組織の乳腺の管が細かったりするためですからね。

 

まだ、赤ちゃんを産んだばっかりで、ダメママと言われてしまっては、困りますよね。

 

でも、できることなら、少しでも多く母乳を出せるようにしたいですよね。そういうときに、試してほしいのが、「たんぽぽ茶」です。 

 

たんぽぽ茶は、妊娠中や育児雑誌をよんでいるなら、見たことはあるかもしれません。
もしくは、たんぽぽ茶を試したことがあるかもしれません。飲んだけど苦くておいしくなかったから続けられないし飲むのを止めたというママもいるでしょう。

 

たんぽぽ茶って最近では、市販でもいろんなメーカーが販売しています。でも、どれでも同じってわけではないんです! たんぽぽ茶の種類や栽培方法、焙煎の仕方などなどで品質って全然違ってきます。さらに、味も全然違います。

 

もし、まずくて続けられないと思ったのなら、ティーライフのたんぽぽ茶を飲んでみてください。
これは、ブレンドされているので、たんぽぽ茶100%よりもさらに飲みやすく作ってあります。香ばしい麦茶のような感じです。 ホッと癒されますし、たんぽぽ茶でリラックスしてみませんか?

 

 

母乳が出ないからって、ダメママだと言われるのは、まだまだ、現代でもあるようですね。

 

少しでも、母乳を赤ちゃんに飲ませることができるならうれしいですよね。
赤ちゃんとママとのスキンシップにもなりますから、母乳が出なくても、乳首は吸わせるといいんだそうですよ。

 

私自身も、母乳が足りてなくて赤ちゃんが何回も泣いているときは、粉ミルクとの混合をしました。
それでも、できる限りのことはしようと、たんぽぽ茶を多めに水分補給のようにとりました。
そうすることで、赤ちゃんも私の母乳で満足するようになってきたんです。 

 

赤ちゃんが生まれて育児はこれからですから、たんぽぽ茶は少しでも手助けができるのではないかと思います
ぜひお試しセットから利用してみてくださいね

母乳に関連するこちらの記事と体験談もどうぞ

母乳が出ない!母乳が出るにはどうすればいいの?
断乳や卒乳後に乳腺炎で痛みや高熱に苦しまないために

 

ユイおすすめのたんぽぽ茶ランキング

 

ティーライフ【たんぽぽ茶ブレンド】の特徴

たんぽぽ根と黒豆茶と醗酵ギンネムをブレンド

価格 ・【お試し】4gティーバック5個×2袋(初回限定・送料無料) 1セット(10個) 730円
評価 評価5
備考 ・4gティーバック×30個+ステンレスボトル付 2370円(初回限定・送料無料)
ティーライフ【たんぽぽ茶ブレンド】の総評

一番飲みやすいのが、このブレンドのたんぽぽ茶です。飲みやすさと続けやすさで、結果的に妊娠中も産後も飲み続けることができます。 たんぽぽの根以外に、黒豆茶と醗酵ギンネムを配合していますので、香ばしくて飲みやすく、さらに鉄分やカルシウムなどの栄養も同時に摂取できるため、おすすめのお茶です

 
 

ティーライフ【ぽぽたん】の特徴

たんぽぽ根のみ100%

価格 ・【お試し】3gティーバック6個×2袋(初回限定・送料無料) 1セット(12個) 730円
評価 評価4.5
備考 ・3gティーバック×30個 1454円  ・5gティーバック×30個+ステンレスボトル付 2900円(初回限定・送料無料)
ティーライフ【ぽぽたん】の総評

ノンカフェインのたんぽぽコーヒーで、100%たんぽぽの根のみから作られています。 コーヒーが大好きだけど、妊娠中や授乳中だから、ノンカフェインの飲み物を探している方や、母乳育児をしたいママにおすすめのぽぽたんです。こうばしいたんぽぽ茶を飲んでみてください。

 
 

AMOMA【たんぽぽコーヒー】の特徴

AMOMAの中でも人気のたんぽぽ根100%のタンポポコーヒー

価格 【定期便】【初回限定・送料無料】2.5gティーバック×30個 1回目 720円 ・2回目以降1299円
評価 評価4.5
備考 ・【1回のみ】2.5gティーバック×30個 1399円
AMOMA【たんぽぽコーヒー】の総評

AMOMAは、たくさんのハーブティーが用意されており、妊娠の時期や授乳期など、細かくその時の状態を設定して、ハーブティーを作っています。 中でも、たんぽぽコーヒーは、完全無農薬栽培でつくられており、妊娠中から授乳中までずっと飲み続けられます